杉並区・練馬区の相続は専門の税理士へ|相続税・相続登記・預金の相続

生命保険料の贈与

相続センター相続税対策生命保険料の贈与

生命保険料の贈与

相続税の税率が高い場合には保険契約を用いて所得税の課税対象にすることも検討しましょう。

被相続人である父親が被保険者になり、保険料を子に贈与して子を生命保険金の受取人、保険契約者にしておけば、子が保険金を受け取ったときには保険金は子の一時所得となり相続税は課税されません。

どちらが有利になるかは遺産額や子の所得によって変わります。

贈与して相続財産を減らす。

贈与税の基礎控除の活用

贈与税の配偶者控除の活用

住宅取得資金の贈与の特例

教育資金贈与

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional